外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】ロシアのプーチン大統領は3日、中国の習近平国家主席と北京の人民大会堂で会談し、第2次大戦をめぐり、日本やドイツを念頭に「占領者の残酷さと、ソ連や中国の国民にもたらした多数の犠牲者を忘れてはならない」と述べた。習氏は「見解の相違はない」と語り、対日歴史観で一致する姿勢をアピールした。

共同通信