外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本人拉致など北朝鮮による人権侵害の実態を把握するため、国連人権理事会が今年3月に新設した調査委員会の公聴会が29日、東京・青山の国連大学で始まった。30日まで。初日は拉致被害者の家族らが証言し、横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(77)は「絶対に生きているという思いで今日まで救出活動をしてきた」と家族の心境を訴えた。日本政府認定の拉致被害者の家族が出席した。

共同通信