ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「着陸用ロープ手放した」と証言

 【ルクソール共同】エジプト南部ルクソールで日本人4人を含む19人が死亡した気球墜落事故で、ツアーを実施した「スカイクルーズ」の地上スタッフの男性が28日、共同通信の取材に、事故当時、操縦士(28)が着陸のために気球から投下したロープを地上スタッフが「手放した」ことで、気球が直後に急上昇したと証言した。気球は男性らがロープを手放した時点ですでに出火しており、300メートル上空で全焼、その後墜落した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。