外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県土浦市の9人連続殺傷事件で殺人と殺人未遂などの罪に問われた無職金川真大被告(26)の論告求刑公判が13日、水戸地裁で開かれ、検察側は死刑を求刑した。これまでの公判で金川被告は9人の殺傷を認めている。検察側は「つまらない毎日との決別を求め、確実に死ぬために死刑になろうと考えた」と指摘。責任能力について「動機は了解可能で責任能力はある」と主張。弁護側は「責任能力を疑う事実がある」と主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信