外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 カナダ西部のアルバータ州で見つかった恐竜の化石が、分厚い頭蓋骨を持つ「石頭恐竜」の新種だったと、カナダ・王立オンタリオ博物館などのチームが7日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズで発表した。約8500万年前の地層から2008年に見つかった化石を分析。厚さが最大5・5センチのドーム形の前頭頭頂骨で、草食恐竜のパキケファロサウルスの一種のものと判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信