外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外での鉱山落盤事故で、地下約700メートルからカプセルで救出された作業員33人のうち、唯一のボリビア人のカルロス・ママニさん(24)が18日、同国のモラレス大統領の勧めを受け入れて帰国し、月給千ドル(約8万1千円)という“破格”の待遇で国営石油会社に就職することが決まった。チリ国営テレビなどが報じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信