外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 あらゆる物の質量の起源とされ「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子を探している日本も加わる国際チームが、欧州の巨大加速器による今年の実験データをまとめ、13日深夜に発表する。粒子の手掛かりをとらえた可能性があり、ノーベル賞級の成果が明らかになるのか、世界中の物理学者が注目している。今回の実験は、欧州合同原子核研究所がスイス・ジュネーブ郊外の地下に建設した、一周約27キロの円形加速器で実施。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信