世界の出来事

 【カイロ共同】シリアのアサド政権軍は13日、米軍主導の有志国連合が東部デリゾール近郊で12日に過激派組織「イスラム国」(IS)の陣地を空爆した結果、貯蔵されていた有毒物質が爆発して有毒ガスが流出、「市民ら数百人が死亡した」と発表した。国営メディアが伝えた。

共同通信

 世界の出来事