外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 阪神大震災で受けた障害について兵庫県や神戸市が実態調査した結果、精神的な後遺症や知的障害を負ったと申告した人が計約150人に上ることが2日、県への取材で分かった。県によると、調査対象は、1995年1月17日の震災発生から今年3月までに、県内の自治体に障害者手帳の交付を申請した精神障害者と知的障害者計約4万人。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信