外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】「縛られた日本人を見た」―。アルジェリア人質事件で、日揮の日本人駐在員と共に人質になっていたという英石油大手BPのフィリピン人技術者が25日までに、こう証言した。銃弾が飛び交う中を必死に逃げ、「あちこちに遺体が転がり、血のりが広がっていた」と、拘束から救出までの恐怖の体験を語った。技術者はジョセフ・バルマセダさんで、で帰国し、入院中のフィリピンの病院で共同通信の単独インタビューに応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信