外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年夏季五輪招致を目指す東京への国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会の現地調査が4日午前、都内のホテルで始まり、安倍首相が「聖火を東京に持ってこられるようにお願いする」と英語でスピーチした。首相は日本語で「より速く、より高く」と節を付けて五輪の歌も披露した。評価委は4日間にわたり14項目のテーマに沿って東京の開催計画を精査する。現地調査はIOCが公式に候補都市を訪問する唯一の機会。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信