外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バルセロナ共同】スペイン連続テロで、マドリードの予審判事は22日、警察が拘束した4容疑者の取り調べを開始し、1人は「複数の象徴的な施設を狙い、爆破テロを計画していた」と供述した。建築家ガウディの代表作で世界遺産のサグラダ・ファミリア(聖家族)教会などが標的だったとみられる。地元メディアが伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信