ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「診察受けられず難聴」と提訴

 大阪刑務所で服役中に診察を受けられず難聴になり、左耳は聴力がほぼ失われたとして、40代男性が国を相手に2700万円の損害賠償を求める訴訟を28日、大阪地裁に起こした。男性は麻薬取締法違反罪に問われ、2002年に実刑判決を受け大阪刑務所に収容された。06年12月から両耳とも耳鳴りなどの症状に悩まされ、医師の診察を計76回求めたが、刑務所職員から「薬物使用後遺症だ」と言われ、診察を受けられなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。