外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は17日の社説で、天安門事件で失脚した改革派の趙紫陽・元共産党総書記が死去して10年を迎えたことについて「政府は一貫して趙氏について論じることを避けており、この沈黙こそがある種の態度を示している」と指摘、遺族や支持者が求める同氏の名誉回復が行われることはないとの考えを示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信