外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅官房長官は17日の記者会見で、内閣官房の有識者会議が推した「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」を、本年度にユネスコの世界文化遺産へ推薦すると発表した。世界文化遺産への各国の推薦枠は年1件に限られ「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の推薦は来年度以降となる。産業革命遺産は「軍艦島」として知られる長崎市の端島炭坑など幕末から明治にかけての重工業の発展を示す20を超える施設で構成。

共同通信