沖縄県は20日、政府が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に向けてつくった環境影響評価(アセスメント)の評価書に対する知事意見を沖縄防衛局に提出した。政府が評価書で示した保全策などでは、辺野古周辺の「生活環境および自然環境の保全は不可能」とした。政府は、評価書の大幅な補正を余儀なくされる可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。