外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は30日、今年最後の大統領府幹部会議で「新年は過去の歴史の傷をえぐり、国家間の信頼を崩し国民感情を悪化させる行動がないことを願う」と述べ、名指しは避けつつ、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを批判した。大統領府が明らかにした。朴氏が首相の参拝について発言したのは初めて。

共同通信