外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、殺人容疑で逮捕された元看護師久保木愛弓容疑者(31)が、任意の事情聴取に「自分の勤務時間中に入院患者が亡くなると、遺族への説明が面倒だった」との趣旨の話をしていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警は同日、久保木容疑者を送検した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信