外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は14日、シリア化学兵器の国際管理に向けたロシアとの合意について「重要で具体的な一歩だ」と歓迎する談話を発表した。オバマ氏は合意を実行するには「さらに多くのやるべき仕事が残っている」と指摘。ロシアや英国、フランス、国連などと協力する意向を表明する一方、「もし外交が失敗すれば米国はなお行動の用意がある」と武力行使の選択肢を除外しない立場をあらためて示した。

共同通信