外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎駿監督の5年ぶりの新作「風立ちぬ」の完成報告会見が24日、東京都小金井市のスタジオジブリで開かれた。自作で初めて泣いたという宮崎監督は「縁や長い間の積み重ねがあってできた映画なので不覚にも涙を流した」と話し、満足そうな笑顔を見せた。映画の主人公は、零式艦上戦闘機の設計者堀越二郎と作家堀辰雄を融合させた青年技師二郎。夢に忠実な二郎の生きざまに、薄幸の少女菜穂子との愛を絡めて描いている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信