外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 9月に開催されたB級ご当地グルメの祭典「第5回B―1グランプリ」で甲府市発祥の「甲府鳥もつ煮」が優勝したことによる地元の経済効果は、優勝後の1年間で約28億円に上るとの推計を山梨総合研究所がまとめ、17日発表した。甲府市の飲食店では優勝後、鳥もつ煮の注文が急増。総研は「静岡県富士宮市の『富士宮やきそば』のように、PR次第で効果を継続させることができる。質の確保も課題」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信