外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党が衆院選挙制度改革に向けて提出した公選法などの改正案が28日の衆院本会議で、与党とおおさか維新の会の賛成多数により可決、衆院を通過した。小選挙区定数の「0増6減」を先行させ、新たな議席配分方法「アダムズ方式」を20年国勢調査に基づき導入するのが柱。参院審議を経て、5月中に成立する運びだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信