ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「1年無発作で免許を」

 日本てんかん学会は11日、東京都内で記者会見し、1年以上発作がない患者は運転免許を取得できるよう、道交法に基づく運用基準の緩和を求める提言を発表した。現在は「過去2年以内に発作がなく、今後も数年間起こる恐れがない」との医師の診断などが条件となっている。学会は「患者が法律を受け入れやすくなり、発作の有無を正しく申告するようになる。免許の不正取得も減るのではないか」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。