外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は11日、北朝鮮が弾道ミサイルの発射に踏み切る事態に備え、日本海に展開中のイージス艦や、首都圏配備の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)による警戒を続けた。北朝鮮の故金日成主席の生誕記念日を迎える15日ごろまでに発射されるとの見方もあり、米韓両国と連携し24時間態勢で情報収集と危険回避に全力を挙げる。岩崎茂統合幕僚長は、数種類のミサイルが同時発射された場合も迎撃可能との認識を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信