外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島第1原発の事故後、原発の半径20キロ圏の避難区域の外にある福島県飯舘村などで高い放射線量が測定されたことを受け、政府が新たな避難区域となる「計画的避難区域」を設ける基準として、「1年間の積算被ばく線量が20ミリシーベルトに達する地域」とは別に「2年間で50ミリシーベルト」とする案も検討していたことが9日、分かった。共同通信が情報開示請求した枝野官房長官(当時)らによる会合の議事メモで判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信