外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】菅直人首相は23日、国連安全保障理事会の首脳級会合で演説し、日本は今後も国連平和維持活動(PKO)参加国との連携強化をはじめ「平和維持、平和構築や紛争予防分野での支援を進めていく」と述べた。首相が安保理で演説するのは初めて。また「安保理自身が21世紀の国際社会の現状を反映せねばならない」と指摘。各国とともに安保理改革を推進し、常任理事国入りを目指す姿勢を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信