ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

交通 電動キックボードのレンタル、スイス連邦鉄道が開始 歩行者との問題も

スイス連邦鉄道(SBB)が、電車を降りた後の移動手段に使ってもらおうと、チューリヒで電動アシスト付きキックボードのレンタルサービスを試験的に始めた。電動キックボードのレンタルはスイスの都市部で急速に広がっているが、歩行者との間であつれきが生じている。

SBBはレンタル業者大手と連携し、チューリヒでこのサービスを試験的に始めた。将来的には、電車の切符の購入だけでなく電動キックボードのレンタルも合わせて提供していきたいという。SBB広報のオッタヴィア・マッセリーニさんは「利用者の求めるものを探った結果」と話す。

ルールと現状

電動キックボードで歩道を走ることは禁じられている。電動自転車と同じく自転車専用レーンを使わなければならない。ヘルメットの着用義務はなく、最高速度は時速20キロまでと決まっている。

だが現状は異なる。歩道で電動キックボードに乗っている人は多い。使用済みの電動キックボードは歩道上に放置されていることが多く、歩行者の怒りを買っている。

電動キックボード利用者のニーズと歩行者の安全。この両者の間でどう折り合いをつけるのか。今後の大きな課題だ。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。