Navigation

健康保険料は家計の大きな負担

Keystone

毎月高額の健康保険料を支払うのは、スイスの家庭にとって大きな負担になってきている。

このコンテンツは 2009/09/04 10:22

スイスでは、健康保険は個人が健康保険会社と契約して支払う。家計に占める割合が毎年増えて行くこの健康保険料に、わずか2割に満たない人のみが支払いは負担ではないと答えた。

来年はさらに不満が高まる

健康保険協会「サンテスイス ( Santésuisse ) 」が行った2009年の調査によると、健康保険料が負担ではないと答えた人はわずか16%だった。これは昨年の24%より減少している。

また、昨年の20%より10%増の、およそ30%の人が健康保険料は高すぎると答えた。さらにおよそ5割がどうにか支払えるが、高すぎると答えている。

この調査結果を、サンテスイスのディレクダター、シュテファン・カウフマン氏は、
「不景気のせいで、毎月の決まった家計の支払いが高く感じられてきたのだと思う」
と分析した。さらに、来年度は保険料が約15%値上がりすると見込まれており、「来年度の調査では、国民の不満はますます高まるだろう」と続けた。

これに対し、8割の人が緊急対策の必要性を訴えており、連邦政府が今年5月に提案した、30フラン( 約2600円 ) の初診料導入には6割の人が賛成している。

しかし、全般的に国民は現在の健康保険制度に満足しており、抜本的な改正、例えば収入や財産額に応じた保険料導入などには反対している。

swissinfo.ch、外電

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。