Navigation

内相訪独、ネオナチ共同対策宣言

ベルリンを訪問したルス・ドレイフュス内相は、エデルガルド・バールマン独教育相と会談、両国は共同で極右組織に立ち向かう事を宣言した。

このコンテンツは 2000/09/06 11:17

ベルリンを訪問したルス・ドレイフュス内相は、エデルガルド・バールマン独教育相と会談、両国は共同で極右組織に立ち向かう事を宣言した。

ドレイフュス内相は、スイスは反人種主義法を施行しているが、独力で極右と戦う事は不可能だとし、国際的な協力を呼び掛けた。また、極右によるインターネットのウェブサイト対策は、最も重要な課題だと語った。

ドレイフュス内相によると、スイスの極右は統一された組織ではなくバラバラで、約800のスキンヘッドがネオナチ思想を唱えている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。