ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

再ブーム スイスの画家フェリックス・ヴァロットンが英王立芸術院に登場

スイス人画家フェリックス・ヴァロットン(1865~1925年)の作品が現在、ロンドンの王立芸術院で展示されている。今秋にはニューヨークのメトロポリタン美術館でも展示予定だ。

ロンドンはフェリックス・ヴァロットンがよく訪れた場所だったが、1976年を最後に彼の作品は展示されていない。この空白期間に今年終止符が打たれ、王立芸術院で開催中の「フェリックス・ヴァロットン―不穏の画家他のサイトへ」展では現在ヴァロットンの絵画や版画80点超を展示している。

「ヴァロットンの絵は人々を誘惑しようと描いたものではないと思う。着飾ったものではないし、努力が必要だ」。フェリックス・ヴァロットン財団でキュレーターを務めるカティア・ポレッティ氏は、フランス語圏のスイス公共放送テレビ(RTS)にこう話した。「絵の前で立ち止まって、何が描かれているのかしばらく考えないといけない。彼の作品には不穏なものが多く、見る人の考えを遮ったり時には混乱させたりすることさえある」

フェリックス・ヴァロットンはスイス西部ローザンヌに生まれ、当初は肖像画家として才能を発揮した。国際的な評価を築いたのは1890年、主に木版画だった。20世紀に入り、絵画商人の娘と結婚した後に、絵画に主軸を移した。ヴァロットン財団のホームページ他のサイトへには「ヴァロットンは最上流の芸術家社交界に属し、ほぼすべての主要国際展覧会に出展し、生徒からの称賛を集めた。そして新世代の全画家にとって手本となった」と記されている。

英王立芸術院の展覧会は9月29日まで開催中。その後ニューヨークのメトロポリタン美術館で10月29日から来年1月26日まで開催される。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。