スイスの女性、6人に1人が妊娠・授乳中も飲酒

スイスでは6人に1人が妊娠・授乳中も週1回飲酒しているという Keystone


スイスの女性で、妊娠中、授乳中にまったく酒を飲まなかった人はわずか3分の1にとどまったことが、連邦内務省保健局の調査でわかった。

SRF/SDA-ATS/ilj

調査は非政府組織「アディクション・スイス」が同局の委託で実施。アディクション・スイスの広報担当マルクス・ムーリィ氏がスイス公共放送(SRF)に語ったところによると、妊娠・授乳中の女性は飲酒を控える傾向にあるが、6人に1人は少なくとも週に1回、アルコールを摂取していた。

ムーリィ氏は「スイスに住む妊娠中、授乳中の女性の約6%が、少なくとも月に1回、一度にグラス4杯以上のアルコールを摂取している。これは飲みすぎだ。子供に与えるリスクも極めて大きい」と話した。

まったくアルコールを取らなかった人は3人に1人だった。内務省保健局は妊娠中・授乳中のアルコール摂取をやめるよう呼びかけている。

調査は2011~16年に実施した対象者へのインタビューを元にしたもの。最近まで、少量のワインやビールであれば、胎児や新生児に危害はないとみなされていた。

ムーリィ氏はこれに対し「最新の研究ではこの点に疑義が生じている」と指摘。「今日では、スイスで生まれる新生児の約2%がアルコール使用障害(AUD)を持っていると考えられる」と話した。

意識啓発

9日の「国際胎児性アルコール症候群(FAS)の日」にちなみ、アディクション・スイスは妊娠中の飲酒が胎児に及ぼすリスクについて注意を呼びかけた。FASは脳の損傷や発達に障害を引き起こす可能性がある。

ムーリィ氏は、社会全体がこの問題に対し意識を高めることが重要だとし、医師が妊娠中の女性にアルコール摂取のリスクをきちんと説明するべきだと述べた。

「スイス産婦人科団体」のトーマス・エッギマン理事はSRFに対し、婦人科医らが現在、対策の見直しを行っていると述べた。また、予防措置にも重点を置くべきだとも指摘した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する