ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

印刷・出版 スイスで500年の歴史を持つ書店

オレル・フュズリのポスター

チューリヒなどドイツ語圏でよく目にする書店「オレル・フュズリ他のサイトへ」。500年の長い歴史を持つ印刷会社でもあり、始まりはチューリヒ聖書の印刷だった。現在は書籍の販売に加え、紙幣やパスポートの印刷も行っている。

今をさかのぼること500年前。スペインの船乗りたちが新大陸を見つけに大海原に飛び出し、ミケランジェロがフィレンツェでフレスコ画を描いていたころー。チューリヒは宗教改革の真っただ中にあった。

10フラン紙幣

スイスの10フラン新紙幣はオレル・フュズリが印刷している

(Dominic Büttner / Orell Füssli Verlag)

スイスの新10フラン紙幣は、オレル・フュズリでも印刷されている

宗教改革という新しい思想を多くの人に届けるためには、新しい媒体が必要だ。そこに目を付けたのが、独バイエルン出身のクリストフ・フロシャウアーだった。彼はチューリヒの小さな会社を引き継ぎ、ツヴィングリが訳した「チューリヒ聖書」の印刷で頭角を現した。

>>フルドリッヒ・ツヴィングリが関わったチューリヒの宗教改革期の「ソーセージ事件」他のサイトへ

それから5世紀が経ち、会社は多角化したが、印刷業はいまだ健在だ。偽造防止印刷のマーケットリーダーとして、オレル・フュズリはスイス国立銀行と契約し、紙幣印刷を請け負う。スイスのパスポートもここで印刷されている。

オレル・フュズリ

チューリヒ聖書が初めて印刷されたのはオレル・フュズリだった

(Keystone)

有名なチューリヒ聖書。オレル・フュズリが初めて印刷した

一方で、何世紀にもわたり同社のビジネスを支えてきたのは書籍だ。フロシャウアー自身は、その生涯を閉じるまでに約700の書籍出版にかかわった。その一部はチューリヒの国立博物館に展示されている他のサイトへ(4月22日まで)。

オレル・フュズリのサイトで販売する書籍は約800万冊に上る。ドイツ語圏地域には35の店舗があり、本、ビデオゲーム、文具を販売している。

オレル・フュズリ

チューリヒにあるオレル・フュズリ本社

(Keystone/ennio Leanza)

swissinfo.ch/dr

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。