Navigation

司法・警察相、国籍法改正を否定

ルス・メツラー司法・警察相は、スイス連邦の国籍法改正を否定した。先月国籍申請を却下された居留外国人の上訴権提出を考慮する政府任命委員会の委員としての発言だ。

このコンテンツは 2000/04/04 16:11

ルス・メツラー司法・警察相は、スイス連邦の国籍法改正を否定した。先月国籍申請を却下された居留外国人の上訴権提出を考慮する政府任命委員会の委員としての発言だ。

メツラー司法・警察相は、ユラ州デレモントのキリスト教民主党女性議員会議で、国籍法を改正するとすれば政府は急速な手段を取るべきではないと発言した。また、内閣は国籍問題に関する判決を下すべきではない、特にエメンブリュッケ事件に関しては介入を控えるべきだと語った。

エメンブリュッケ事件とは、3月12日ルツェルン州エメンブリュッケで国籍を申請した居留外国人56人のうち8人のイタリア人を除いた非西欧人48人全員が、住民投票で申請を却下された、昨今のスイスの人種差別を象徴する事件だ。メツラー司法・警察相は、エメンブリュッケのような個別ケースに連邦政府は介入するべきではなく、国籍取得を希望する外国人住民の全体的な状況改善を試みるのに留まるべきだと語った。そして、ジュネーブ、ローザンヌの仏語圏州からの申請を却下されたエメンブリュッケの人々を自州で引き受け国籍を授与したいという提案について、そのような行為を許す法的な規定が無いとし、またエメンブリュッケは独語圏で、上記の住民らはフランス語が話せないため現地での適応が困難だと、提案を退けた。

また、収容施設を希望する難民については、本国送還が最優先だと述べた。

現在スイスには140万人の居留外国人がおり、約半数は10年以上スイスに住んでいる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。