Navigation

国営兵器産業RUAG、イスラエルへ武器輸出

国民軍の兵器管理を独占するRUAG. RUAG

イスラエルに武器輸出を続けパレスチナ紛争に手を貸していると報道された国営兵器産業RUAGは、スイス・イスラエル両政府間の既存の契約に関わっているだけでイスラエルに武器輸出はしていないと弁明した。

このコンテンツは 2002/04/25 09:25

RUAG社は、スイス政府が購入する無人偵察機、弾薬、通信機をイスラエルと共同製造しているが、イスラエルに武器の輸出はしていないとの声明を出した。トニ・ヴィッキRUAG会長は、「当社は紛争地域への武器輸出を禁止したスイスの輸出法を遵守している。」とswissinfoに語った。また、RUAG社の活動がスイスの永世中立政策を侵害しているのではないかとの問いに、ヴィッキ会長は「中立に関する問題は政府が回答するべきだ。武器取引の契約は全てスイス政府が発行したものなのだから。」と答えた。

RUAGは連邦兵器工場として設立されたが、100%国営企業であるにも関わらず政府からは優遇措置が得られず、新国防政策に基づく軍縮計画によりスイス軍との取引減で生じた損失を補おうと国外市場へ進出した。2001年の国防費9億8000万スイスフランのうちRUAGのシェアは5200万スイスフラン、全体の5.3%に過ぎない。RUAGが国内市場で独占しているのは、国民軍の兵器の管理と技術改良だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。