Navigation

国立銀行新副総裁にブルーノ・ゲーリグ氏

スイス政府は、次期国立銀行副総裁に、同行役員のブルーノ・ゲーリグ氏(写真)を指名した。

このコンテンツは 2000/10/19 11:50

スイス政府は、次期国立銀行副総裁に、同行役員のブルーノ・ゲーリグ氏(写真)を指名した。

今年いっぱいで引退するハンス・マイヤー総裁の後、ジャン=ピエール・ロス現副総裁が来年1月から総裁に就任する事が�气阜資Oの9月18日に発表されたが、18日次期副総裁にゲーリグ氏が任命された。

副総裁就任後もゲーリグ氏はチューリッヒに残り(注・スイス金融の中心はチューリッヒだが、国立銀行の所在地は首都ベルン)、引き続き金融政策、印刷、情報部門の監督にあたる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。