Navigation

国連イラク制裁解除を訴える欧州使節団、来週イラク訪問

スイス人2人を含む欧州4ヶ国の議員ら150人は、国連のイラク制裁解除を訴える「反乱使節団」として来週バグダッド行きを敢行する。(写真:スイス代表の1人ルス=ガビー・ヴェルモット=マンゴールド)

このコンテンツは 2000/09/20 11:49

スイス人2人を含む欧州4ヶ国の議員ら150人は、国連のイラク制裁解除を訴える「反乱使節団」として来週バグダッド行きを敢行する。(写真:スイス代表の1人ルス=ガビー・ヴェルモット=マンゴールド)

国民議会議員のルス=ガビー・ヴェルモット=マンゴールド(社民党)とパトリス・マグニー(緑の党)の2人は、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリアの国会議員、科学者、報道関係者、芸術家らの150人で構成される、10年前湾岸戦争時以来続く国連のイラク制裁解除を訴える目的のイラク訪問団に参加する。

ヴェルモット=マンゴールド議員は19日「我々は、制裁がイラク国民を苦しめている事を示すために、イラクへ行く。経済封鎖のため、国民は医薬品も手に入れられない。国連は、この行為を止めるめきだ。」とswissinfoに語った。また、マグニー議員は「イラク制裁は、人権に対する犯罪だ。」と断言した。

使節団企画者らは、来週木曜からのイラク訪問が、経済封鎖によるイラク国民の困窮に世界の注目を集めたいと願っている。経済制裁によって苦しめられているのは、フセイン政権ではなく国民だ。ユニセフの統計によると、経済制裁のため、基本的な食料と医薬品の供給が断たれ、50万人の子供達た死亡した。

が、フランス等にによって提唱された制裁解除は、フセイン政権の政治的・軍事的孤立を図る米国、英国によって拒否された。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。