スイスの視点を10言語で

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

眼下に広がる町と湖
スイス・ビュルゲンシュトック KEYSTONE/© KEYSTONE / MICHAEL BUHOLZER

6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。 

ある時はオードリー・ヘプバーンの結婚式場、ある時は小学1年生の遠足先。ルツェルン湖を望む山頂にあるビュルゲンシュトック・リゾートはかつて、富裕層・超庶民客のどちらにも親しみのある場所として知られていた。だがそれも今は昔の話だ。 

一方を見つめる女性と男性
オードリー・ヘプバーンは1950年代半ばにビュルゲンシュトックに移り住み、メル・ファーラーと結婚した KEYSTONE

現在、地元住民たちはビュルゲンシュトックにあまりいいイメージを持っていないようだ。山麓にあるシュタンスシュタートの街頭アンケートで判明した。「食事が高すぎる」「昔は建国記念日を祝ったり家族でアイスを食べたりしたが、今はそんな場所ではなくなった」 

批判的な声は山頂にも届いている。2月にビュルゲンシュトック・リゾートホテルの総支配人に就任したクリス・フランツェン氏は改善を宣言する。「人々の声は聞いている。誰もが歓迎されるよう、変革に取り組んでいる」。星付きレストランやペルシャ料理の店だけでなく、スイス料理を出すレストランの再開などを計画している。 

ホテルの一室
ュルゲンシュトック・リゾートホテルの一室 KEYSTONE/KEYSTONE/GAETAN BALLY

このような宣言は、ホテルが2017年にリニューアルオープンした時点から聞かれていた。当時のブルーノ・シェプファー総支配人はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)に「日帰り客にとってビュルゲンシュトック・リゾートが重要な存在であることは、常にわかっていたことだ」と語っている。 

税金で走る船 

ホテルが地元住民に愛されることは重要だ。こうした議論は、山のインフラ整備に税金を投じることへの民意を醸成しているからだ。 

ビュルゲンシュトック・リゾートの客向けに増設したルツェルンとニトヴァルデン州ケールシテンを結ぶ航路には、ニトヴァルデン州、ルツェルン州と連邦政府が総額500万フラン(8億6000万円)近くを拠出。国の新地域政策(NRP)を通じそれぞれから無利子融資を受けた。 

湖を走る船
ルツェルンとビュルゲンシュトックを結ぶシャトルサービス KEYSTONE/© KEYSTONE / URS FLUEELER

医療分野では、地元客が歓迎されていないのは間違いない。ビュルゲンシュトック・リゾートのベッドのうち12床は、以前は地元の被保険者のために開けられてきた。リゾートは手術後のリハビリを受けられる施設として、ニトヴァルデン州の病院リストに掲載されている。だが2023年6月にこうしたサービスは打ち切られたことが、ドイツ語圏スイス公共放送(SRF)の調べで分かった。リゾート側は、専門職の不足が理由だと説明した。 

フランツェン総支配人は「委託契約の存在は認識している。信頼できる委託相手でありたい」と話した。しかし、ニトヴァルデン州政府は猶予期限の延長を余儀なくされている。州参事(閣僚級)のオトマー・フィリガー氏は「対話は進んでいる。うまくいっている」と話す。 

おすすめの記事

さらに経営層からの醜聞ももれる。リゾートの親会社社長が最近、公金を横領した罪で数年間の懲役刑を言い渡された。 

事件とビュルゲンシュトック・リゾートに直接の関係はない。だがニトヴァルデン州議員のアレクサンダー・フザー氏(緑の党、GPS/Les Verts)は、あちこちに軋みが出ている証左だと指摘する。「リゾートが世間の注目を浴びることがないように願っている。そして伝統と現代性のバランスをうまくとり、全てのニトヴァルデン住民のための場所になってほしい」 

行先を示す標識
KEYSTONE/© KEYSTONE / URS FLUEELER

平和サミットは新たな商機に? 

フザー氏は6月に開かれるウクライナ平和サミットに大きな期待を寄せている。リゾートの名誉挽回につながるかもしれない。それはフランツェン総支配人も同じ思いだ。 

握手を交わす男性
2002年、北・南スーダンがビュルゲンシュトックで停戦に合意した KEYSTONE

サミット後も多くのスイス人が会場を見るために山を訪れることは想像に難くない。ヘプバーンが挙式したチャペルを撮影するために、今も多くの映画ファンがビュルゲンシュトック参りをするように。 

独語からの翻訳:ムートゥ朋子、校正:大野瑠衣子 

おすすめの記事
国連イメージ

おすすめの記事

ジュネーブは「平和の首都」であり続けるか?

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの多国間外交と中立性をめぐり議論が再燃する中、「平和の首都」として知られるジュネーブもその評判が脅かされている。

もっと読む ジュネーブは「平和の首都」であり続けるか?

※SWI swissinfo.chでは配信した記事を定期的にメールでお届けするニュースレターを発行しています。政治・経済・文化などの分野別や、「今週のトップ記事」のまとめなど、ご関心に応じてご購読いただけます。登録(無料)はこちらから。 

人気の記事

活発なディスカッション

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部