Navigation

失業率2%に上昇

1月の失業率は2%で2ヵ月続いての上昇となったが、国立経済情勢事務局はスイス経済の成長が続くかぎり年間を通して失業率はこのレベルで推移すると見ている。

このコンテンツは 2001/02/08 10:31

失業率の上昇について、UBS Warburgのシニアエコノミスト、ハンスペーター・ハウシェル氏は、「スイスの冬は失業者が増える。驚くに足らない例年通りの事象だ。スイス経済は順調な成長を続けているので、春には減少するだろう。」と見ている。

1月新たに職を失った人は2、571人で、登録されている失業者数は72、295人になった。が、2000年1月の失業者数は92、631人で今より多かった。一方、1月の有効求人数は12、465で12月の10、817よりも大幅に上昇した。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?