外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災で宮城県東松島市立野蒜小から同級生の親に引き渡され、津波にのまれ死亡した小3女児=当時(9)=の遺族らが市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審の判決で、仙台高裁(古久保正人裁判長)は27日、女児遺族への約2650万円の賠償を命じた一審仙台地裁判決を支持した。一連の津波訴訟控訴審で、高裁が学校や企業など管理者側の責任を認めた初判断とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信