Navigation

対ユーロ・スイスフラン高は対EU貿易に不利

スイスフランが対ユーロ高になれば、EUへ輸出するスイス製品が値上がるため不利になる。今年に入ってからスイスフランはユーロに対し4から5%高くなった。

このコンテンツは 2000/05/13 15:36

スイスフランが対ユーロ高になれば、EUへ輸出するスイス製品が値上がるため不利になる。今年に入ってからスイスフランはユーロに対し4から5%高くなった。

昨年中はスイスフランとユーロはほぼ平行線をたどっており、1ユーロ=1.60スイスフランで安定していた。が、スイス国立銀行が欧州中央銀行(ECB)の政策とは独立して利上げをしてから、スイスフランは強くなり現在1ユーロ=1.55スイスフランだ。また、スイス経済がEU加盟国の経済とくらべて強いのもスイスフラン高の原因となっている。

スイスの対外貿易の3分の2はEU加盟国が相手で、相手国はユーロで支払っている。スイスフランが対ユーロで強くなりすぎると、輸出の代金をスイスフランで請求している企業は、競争力維持のため製品の値下げの検討を余儀無くされるという。



このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。