Navigation

政府予算で牛肉買い上げ、途上国へ

連邦政府は、きょうぎゅう病で国内消費が落ち込んでいる牛肉700トンを政府予算850万スイスフラン(500万ドル)で農家から買い上げ、途上国に食料援助として送ることを決定した。

このコンテンツは 2001/05/03 09:42

昨年のきょうぎゅう病発垂ノ欧州各国での口蹄疫騒動が重なり、スイス国内では消費者の牛肉離れに拍車がかかり、牛肉価格は30%も下落した。スイス政府は3ヵ月前、スイス開発援助局の要請により余剰牛肉712トンを買い上げ北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に食料援助として送った。2月の政府介入後、牛肉価格は7.30スイスフラン/kgまで値を戻したが、イースター連休後は再び6.60/kgに落ちた。

これとは別に、連邦政府は2日国際穀物合意への参加の2年延長を決定、年間穀物40、000トンの食料援助を継続することになった。

米国、EU、日本、オーストラリア、アルゼンチン、ノルウェー、スイスから年間約1、000万トンの食料が途上国へ援助物資として送られる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。