ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

景気後退 最低2年は続く

景気の後退で、オフィスには空き椅子が目立つようになるかもしれない

(Keystone)

スイス経済に関する予測は悪化するばかりだ。専門家は、景気の後退は深刻化し、最低2年間続くのではないかと恐れている。

3月末、チューリヒ連邦工科大学 ( ETHZ ) の景気調査機関「KOF」は、今年の景気は2.4%のマイナス、輸出も伸び悩みが続き、2010年の失業率は4.8% ( ほぼ20万人 ) に上昇する見込みだと発表した。

楽観的な想定

 春の予想は前回の12月の予想よりもはるかに悪化した。KOFは当時、国内総生産 ( GDP ) のマイナス成長を0.5%と見込んでいた。しかし、この度の予想では、のちに修正が行われることになったこれまでの明るい展望を意識しながらも、「予想のもととなった想定はあまりにも楽観的すぎることが明らかになるかもしれない」と警告している。

 「その1つは、ヨーロッパでは銀行への取り付け騒ぎが起こらないという想定だ。第2のリーマン・ブラザーズ ( 崩壊したアメリカの投資銀行 ) が存在しないとは考えられないが、ないものと想定した」
 と話すのはKOFを率いるヤン・エクベルト・シュトゥルム氏だ。

輸出の崩壊

 そのほかにも、今年の輸出は12%低下し、これまで活気のあった消費にも多少の陰りが見えると予想する。KOFは、2010年の国内総生産も前年比0.3%減と景気の悪化から脱し切れないと見込んでいる。

 同報告は、スイス経済低落の原因を輸出産業の劇的な「崩壊」だとしている。他国の景気後退の影響で、2008年10月から12月の間に突然大打撃を受けたのだ。シュトゥルム氏は
「昨年夏および初秋のスイス経済は、他国と比べて良好だった。比較的強健な国内経済もその一端を担っていたが、最終的にスイスは開放経済であり、世界経済の影響を受けずにはいられない。スイスはヨーロッパにのまれたのだ」
 と話す。

 連邦政府と中銀は、経済刺激策と実質ゼロ金利への急激な移行によってこの傾向に歯止めをかけようとした。KOFは「これらの景気対策もあまり効果がないのではないか」という予測に対して慎重な姿勢を見せている。
「ある程度は悪化を食い止められるかもしれないが、財政政策で輸出市場を支援するのは非常に難しい。これが近い将来、スイス経済にどれだけ効果を与えるかということに関しては何とも言えない」
 とシュトゥルム氏。

アップ・ダウン

 KOFはまた、税金問題がまだ解決せず、また銀行守秘義務の改革を連邦政府が約束したことで、金融産業にマイナスの影響が現れる可能性を示唆している。これによって、「スイスの銀行が管理している外国人の個人資産はますます減少するだろう」と報告書は予測する。

 シュトゥルム氏にとってスイス経済に対する1つの希望となっているのは、「上がるものはいずれ下がる」という格言の反転だ。
「すでに底辺に達している分野もあるので、あとは上昇するのみ。各国の多くの企業が投資計画を延期しているが、世界経済が回復したら、これらの企業もまた元に戻るかもしれない」

swissinfo、マシュー・アレン チューリヒにて 小山千早 ( こやま ちはや ) 訳

暗い製造業界

2008年に業績が悪化したスイスの製造会社は数多い。

織物および自動車部品を製造している「リーター ( Rieter ) 」社は、2007年には2億1150万フラン ( 約182億円 ) の利益があったが、2008年には一転して3億9700万フラン ( 約341億円 ) の純損失を計上した。

機械、建設、自動車部品製造の「ゲオルク・フィッシャー ( Georg Fischer ) 」社の純利益は、2007年の2億3200万フラン ( 約199億円 ) から5600万フラン ( 約48億円 ) に減少した。

エンジニアリングの「スルザー ( Sulzer ) 」社では、2008年の利益は3億2300万フラン ( 約277億円 ) に上昇したが、今年は減少する見込みだ。

機械、電気、エンジニアリングの各産業の上部団体「スイスメム ( Swissmem ) 」は2月、2008年第4四半期には受注が3分の1に落ち込んだと発表した。

インフォボックス終わり

経済の見通し

政府の3月の公式発表によると、2008年第4四半期の実質国内総生産 ( 実質GDP ) は前年同期比マイナス0.6% ( 四半期比-0.3% ) 。スイスの経済は2008年全体で1.6% ( 暫定値 ) 成長した。

物品やサービスの輸出は前期比マイナス8.1%。輸入も5.8%のマイナス。国内消費はわずかプラス0.1%の伸びとなった。

各経済関連機関は、スイスの景気に対して以下のように予想している。

連邦経済省経済管轄局 ( SECO ) :2009年のGDPの成長率予想-2.2%、2010年は0.1%。

景気調査機関「KOF」:2009年-2.4%、2010年-0.3%。

スイス国立銀行 ( SNB ):2009年-2.5%~-3%。

UBS資産管理部:2009年-1.2%、2010年0.2%。

クレディ・スイス ( Credit Suisse ) :2009年-0.6%。

バーゼル経済研究所 ( BAK ) :2009年-2.1%、2010年0.6%。

経済協力開発機構 ( OECD ) :2009年-0.2%、2010年1.6%。

インフォボックス終わり


リンク

×