ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

暑さが続くスイス 熱中症対策で高齢者支援

暑さの中、噴水の水に手を伸ばす女性。

暑さが厳しい日が続き、今週も最高気温が35度まで上がると予想されているスイス。そのため、体力のない高齢者や病気を抱える患者が熱中症の危険にさらされる可能性が増加している。記録的な猛暑となった2003年にスイス全体で約千人が死亡した経験も踏まえ、仏語圏やティチーノ州の一部では「バディ・システム」を導入。「バディ・システム」とは、ヘルパーが対象者に「バディ(友達)」のような感覚で熱中症対策のアドバイスをするボランティア活動だ。スイス熱帯公衆衛生研究所のマーティン・レースリ氏は「バディ・システムが導入されている場所では熱中症による死亡件数が少ない」と話している。

(Keystone)


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×