Navigation

最新世論調査:EU加盟は反対が60%

対EU相互条約は先日の国民投票で圧倒的な支持で可決されたが、EU正式加盟には、国民の多数派が反対だ。仏語誌「Hebro」とRadio Suisse Romandeが行った世論調査で、60%がEU加盟に反対すると回答し、賛成と答えたのはわずか35%だった。

このコンテンツは 2000/05/26 16:08

対EU相互条約は先日の国民投票で圧倒的な支持で可決されたが、EU正式加盟には、国民の多数派が反対だ。仏語誌「Hebro」とRadio Suisse Romandeが行った世論調査で、60%がEU加盟に反対すると回答し、賛成と答えたのはわずか35%だった。

この調査の結果でも文化・言語圏による社会的政治的ディバイドが顕著に表れ、仏語圏では58%が賛成だったのに対し、独語圏ではわずか28%が賛成と答えた。

また、21日の国民投票で対EU相互条約を支持した人には、スイスのEU加盟促進を支持するかという質問をしたところ、47%は支持すると答え、43%はこれ以上欧州統合に関わるべきではないと答えた。

また調査の結果、スイス人の中では、EUのイメージは必ずしも否定的ではないものの、はっきりしていないことが判明した。が、EUの官僚主義と、加盟国の内政に介入する傾向が嫌だという回答が目立った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。