ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

求むプロフェッショナル 人材不足 、エンジニアや医療分野で深刻に

作業中のエンジニア

エンジニアやIT専門家はスイスで不足が顕著になっている

(Keystone)

スイスでエンジニアや医療分野の人材不足がより深刻になっている。接客・サービス業では余剰感が強い。

20日発表された「人材不足インデックス」2018年版他のサイトへで明らかになった。スイスの人材紹介会社アデコ・グループが各業界の求人数と求職者数をもとに、チューリヒ大学の労働市場モニター部門と共同で毎年算出している。

最新の業界別インデックスでは、電気技師などエンジニアが前年比9%上昇、ITは8%上昇と、人材不足が深刻になった。企業は十分にスキルを積んだ人材を見つけるのに苦労している。財務・会計部門(会計士など)も不足しているが、前年からの変化は小さかった。

医療も全体の平均に比べ不足度が高く、インデックスが2年連続で上昇した。スイス全体で医師が不足しており、ドイツ語圏では助産師や看護師が足りない。一方で施設・在宅の介護師は求人が埋まりやすい。

企業は提示する給与の引き上げなど採用条件を改善することで、人材不足に対処できる。

チューリヒ大のヘレン・ブッハス氏他のサイトへは「それでも求人が埋まらない場合、企業は資格のある専門家を国外で探さなければならない。長期的には将来の従業員を育てる職業訓練や教育に投資するのがよいだろう」と話す。

接客・サービス業では、求職者数が求人数を大幅に上回っており余剰感が強い。「これらの業界では人の入れ替わりが激しく、求職者の間でも競争が激しい」(ブッハス氏)

Keystone-SDA/jdp

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。