スイスの化学大手ロンザ、飲料水汚染で起訴

ヴァレー州フィスプにあるロンザの化学工場 © KEYSTONE / OLIVIER MAIRE

スイスの化学大手ロンザが、ヴァレー州フィスプの工場から発がん性の疑いがある溶剤を排出して水源を汚染し、連邦水質保護法違反および飲料水の汚染防止義務を怠ったとしてスイスの地方裁判所に起訴された。 

SDA/ATS, swissinfo.ch, sm

>>ロンザの水銀による土壌汚染問題

フィスプの地方裁判所に出された起訴状によると、同社の化学工場は2011~12年、14~17年にかけ、化学物質1,4-ジオキサンを排出し、飲料水を汚染したとされる。ヴァレー州検察庁は、ロンザは周辺の水源を汚染したにも関わらず、対策を講じなかったとしている。

1,4-ジオキサン溶媒は塗料、ニス、洗剤、化粧品、殺虫剤および除草剤などの製造に使われる。主に高レベルのものは人間にがんを引き起こす疑いがある。

14年の地下水調査で汚染が発覚。州検察庁はロンザが同地域で唯一、この化学物質を含む溶剤を大量に使用する企業だとしている。

ロンザ側は、連邦水質保護法には違反しておらず、住民と周辺環境に害は及ぼしていないと反論。14年に汚染が発覚した時点では、飲料水、地下水、産業排水の化学レベルについて特定の制限はなかったと主張している。

州検察庁は、ヴァレー州の対応の遅さも批判。一方、地元の関係機関はスイス通信の取材に対し、飲料水は影響を受けておらず、ジオキサンで汚染された私有の井戸は2カ所あったが、いずれも一時的に閉鎖されたと述べた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する