ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

男女平等を求めて スイスの女性ストライキに50万人が参加

男女間の賃金格差是正や職場でのハラスメント根絶を求め、スイス各地で行われた14日の女性ストライキは、計50万人が声を上げた。歴史的規模になったストライキを写真で振り返る。 

スイスで女性ストライキが初めて実施されたのは1991年6月14日。ヴォー州ジュラで働く時計職人の女性たちから相談を受けた労働組合員クリスティアンヌ・ブロナー氏が中心となり、全国的な女性運動を巻き起こした。この時も50万人の女性たちがデモに繰り出し、連邦憲法に盛り込まれた男女平等条項が実社会で反映されていないと訴えた。 

今回の女性ストライキはそれに続く2回目で、ちょうど28年後に当たる日に組織された。男女平等の遅れを訴える声は以前と同じで、特に目立ったのが男女間の賃金格差だった。その他にも性的暴力や女性の貧困、移民女性の社会的統合を訴える声が挙がった。 

各地で多様なイベントが行われたが、全国で統一した「時間」が2つある。その1つが午前11時で、ストライキを提起する声明文が朗読された。もう1つは、女性の賃金格差分から算出したこれ以降が無償労働となる時刻の午後3時24分。チューリヒでは保育士らがおやつを食べて終業を知らせる「おやつストライキ」をした。

主催者のスイス労働組合連合(SGB/USS)によると、全国で50万人以上がストライキに参加した。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。