ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

移民シリーズ(パート4) 欧州で最も多くの移民を引きつける国は?

移民危機への対処に苦しむ欧州で、人の自由な移動を定めた合意が標的になっている。そのような中で、入ってくる移民より移民として出て行く国民の方が多い国はどこだろう?データを調べてみた。

map

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 スイスと欧州連合(EU)間の、人の自由な移動を定めた合意が発効して14年以上になる。この取り決めのおかげで、スイス国民とEU市民はEU内およびノルウェー、スイス、リヒテンシュタイン、アイスランドの欧州自由貿易連合(EFTA)内のいずれの国でも学び、働き、退職後の生活を送ることができる。

 人の自由な移動は、物、資本、サービスとともに、自由市場によって保障されたEUの四つの基本的権利の一つだ。

 しかし今スイスと英国は、移民制限を要求する国民投票の結果に頭を悩ませている。本シリーズの前回の記事で示したように、アフリカから来る移民より、人の自由な移動によって拍車がかかった欧州内部での移民の方が多い。

 下のグラフィックで示すように、入ってくる移民と、移民として出て行く国民のどちらが多いかは地域によって異なる。当然ながら、多くの移民が集まるのは豊かな国々だ。スイス、ドイツ、オーストリア、英国、スカンジナビア諸国では入ってくる移民の方が多い。

 2015年にEUおよびEFTA加盟国に居住していた移民は、人口全体の8%に当たる3770万人以上だった。これらの移民の45%以上がEUまたはEFTA加盟国の出身だ。

 移民の大半が東欧、南欧出身だ。ルーマニア人とポーランド人でEUとEFTA域内の移民の約3割を占めている。ただし、移民状況は国によって大きく異なる。下のグラフィックでは、さまざまな国における移民の国籍を示している。

waffle

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 さまざまな研究によると、人の自由な移動は一般的に受け入れ国に良い影響を与え、通常、移民受け入れのコストより利益の方が大きい他のサイトへということがわかっている。

 しかし、移民を出した国のコストの方は、それほど明らかにされていない。国際通貨基金(IMF)の研究他のサイトへによると、教育を受けた若い労働者が移民として大挙して国を去ることで、東欧の経済、人口の成長が滞る可能性があるという。

移民シリーズ(パート1) スイス人口の25%を占める外国人 その内訳は?

スイスに住む外国人の数が初めて200万人を突破した。しばしば政治議論の対象となるこれらの「非スイス人」は、昨年の時点でスイスの人口830万人の4分の1近くを占めた。では、これらの「非スイス人」とは、具体的にどんな人々なのだろう?グラフで解説する。  スイスは、 ...

移民シリーズ(パート2) 世界の移民2億4400万人 最も多く受け入れている国は?

人口の3割近くが外国生まれの国、スイス。欧州では外国人比率が特に高い国の一つだ。世界的に見ると、湾岸諸国が最も多くの移民を受け入れている。ただし意外にも、世界人口に対する移民の比率は、過去25年間それほど大きく変わっていない。  絶対数で言えば、最大の移民受け入れ国は今も米国で、 ...

移民シリーズ(パート3) 世界の現状は本当に前代未聞の移民危機なのか?

最近、「難民危機」や「移民の波」といった言葉がよくニュースの見出しを飾る。欧州に史上例のない大量移民が押し寄せていると多くの人が感じている。しかし、それを裏付ける数字はあるのだろうか?  「2015年の世界の移民数は2億4400万人で、世界人口の3.3%を占める」。前回の記事でも触れたが、 ...



(英語からの翻訳・西田英恵)

×