ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

立体タイポグラフィ 存在感たっぷりの3D看板デザイン

私たちは看板に囲まれて生きている。標識や看板は人々に居場所を示し、建物にアイデンティティを与える。チューリヒ・デザイン美術館で開催中の「3D-Schrift am Bau(建物の3D文字)」は、スイスの看板デザインの今を映し出す。

今の時代、「3D」という言葉から連想するのは映画や仮想現実(VR)、プリンターだろう。チューリヒにあるデザイン美術館他のサイトへでは、看板・標識づくりにおいて3Dが視覚や次元にどんな効果をもたらすかに焦点を当てた。訪れた人は、この技術を使ったデザイナーたちの「実験」を垣間見ることができる。

展覧会の中心はスイスの看板だが、世界各国の建物やその看板も含め、建物の内外でみられる24点の3D看板を展示している。

展覧会「3D-Schrift am Bau」は2019年4月14日まで開催中。


タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。