Navigation

第10回チューリッヒ・ストリートパレードに100万人

11日チューリッヒ夏恒例のテクノ・フェスティバル「ストリート・パレード」が開催され、欧州各国から集まった100万人のレイバー達がカラフルで奇抜な衣装でチューリッヒの街路を練り歩いた。

このコンテンツは 2001/08/13 08:24

「愛、自由、寛容」のテーマのもと、テクノとハウス・ファン、ダンサー、party-goers、パフォーマーらは路上で、「ラブ・モバイル」車上で、チューリッヒ湖畔の通りを5時間にわたってパレードに酔った。11日のチューリッヒは曇りで気温22℃と程よい天候だったことから、欧州各国からあらゆる年代のグループがやって来た。毎年ストリート・パレードに参加しているという73才の男性は、「大勢の人と触れ合うのが好きな人には最高の日」と語った。

ストリート・パレード実行委員のミヒャエル・ロリス=メリコッフさんによると、運営費用120万スイスフランは主にスポンサーからのもので、ほとんどがフェスティバル終了後の清掃に当てられる。

遂に世界最大のテクノ・フェスティバルとされるベルリンの「ラブ・パレード」を超えた人数を動員した今年のストリート・パレードだが、事件・事故報告はほとんどなく、急性アルコール中毒、軽いケガなどで約30人が手当てを受けた。昨年のストリート・パレードでは、16人が麻薬取引で逮捕された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。